プロフィール

はじめまして、アメリカ在住のスイート・トマトです。

ご訪問いただきありがとうございます!

まず初めに簡単な自己紹介からさせてください。

自己紹介

神奈川県生まれ、親、弟、犬1匹、長女として育ちました。

日本人の元夫と10年結婚していましたが、元夫のダブル不倫がきっかけで子連れで離婚を決意。

離婚した翌年、アメリカ人である現在の夫と出会い再婚。その後、夫の仕事の都合でアメリカに移住しました。

現在、アメリカ人の夫と小学生から大学生まで合計5人の子供達とアメリカで暮らしています。

私と夫は、お互い子連れ同士の再婚国際結婚カップル。結婚した頃は、お互いの連れ子が10代前後の思春期でした。

言語が違う子供達は、うまくコミュニケーションが取れず衝突してばかりの時期も。メンタル強めの私でも、子連れ国際結婚の辛い現実に凹(へこ)みまくり、再婚1年目で2度目の離婚を決意。

しかし、アメリカ人の夫の、「とりあえず後1年待って」の一言で、なんとか離婚を思いとどまり、気付けば夫と一緒になって10年。アメリカに移住して8年目。

アメリカ人と再婚したけど、私は英語も喋れなかったし、アメリカに移住するのが怖かったので、できるものならアメリカに移住したくなかったんです。

そもそも、再婚する時にアメリカには行かずに日本で暮らす約束でしたが、「君が嫌ならすぐ日本に帰るから、とりあえず2年だけアメリカで生活してほしい」と言われイヤイヤ渡米したら、私がすっかりアメリカ生活を気に入ってしまい、今では夫が「日本に帰ろう」と私を説得するという逆の立場に。

アメリカ移住直後、全然英語が話せなかった私の子供達は、今では英語、中国語、韓国語も話せるトリリンガルに成長。

スイート・<br>トマト
スイート・
トマト

アメリカに移住して異文化に触れたことで
子供達も他国の言語に興味を持つようになりました!

10年前は、子供達が英語を話せるようになる日が来るとは思ってもいなかったので、子供達の努力を考えると泣けてきます。。

子連れでの国際結婚は、山あり谷ありで辛かったけど、アメリカでの生活を通して、私も子供達も日本では経験できないことを山ほど経験し、日本にいた頃よりも何倍もたくましくなったと思います。

離婚率が高いと言われている国際結婚。そこに更に子供まで。周りには、「子連れでアメリカ人と結婚するなんて頭がおかしい」と言われ、自分自身でも「あたしの考え方、間違ってるのかも...」と悩んでいた時期も。

同じ境遇の人は、何かに悩んだとき、どうしてるんだろう?意見を聞きたい!なんて思うことも時々ありましたが、知り合いに子連れ同士の国際結婚を経験している人がいなくて、相談できる相手もいませんでした。

2つの家族が1つの家族になるまで、楽しいこと、辛いことも沢山経験しましたが、今なら私の選択は間違っていなかった!と胸を張って笑顔で言えます。

私の経験をブログという形で共有することで、私と同じように悩んでいる人の助けになれたら、という思いでこのブログを立ち上げました。

今振り返れば「あの頃、離婚しなくてよかった!」と思える人生をアメリカで送っています。

↓こんな所に住んでいます!

道路 車  右側通行

最近はまっていることは、水耕栽培で水菜や小松菜を育てること。アメリカのスーパーでは日本で売られている野菜が手に入らないので、自宅で種から育てています。

日系スーパーマーケットで販売されていたシソの苗が私の初めての家庭菜園の野菜1号。日本に住んでいた頃は、家庭菜園をやるどころか、虫が大っ嫌いで土を触ることも嫌だった。

だけど、アメリカでそんなことを言ってたら食べたい物も食べられない。。。どうしてもシソの豚肉巻きが食べたくてシソの苗を育てることに。

シソがおもしろいほど簡単に収穫できちゃったので、調子に乗って庭の3分の1を畑にしたら、翌年ありえないくらい大量のシソが発生!冷凍庫がシソで埋まり、現在シソ恐怖中。

ブログ運営のコンセプト

「人生一度きり、それなら笑って暮らそうよ!」

このブログでは、主にアメリカの学校や生活、子連れ国際結婚について、読んでいて元気がでるような記事を書いていきます。

伝えたいこと

私のブログに訪れた方は、子連れでアメリカ移住している方、もしくは、これから子連れでアメリカに移住することを検討している方子連れで国際結婚をしている方だと思います。

このブログを訪れてくれた皆さん全員が、このブログを読むことで、アメリカ生活への不安がアメリカに移住して良かった、楽しい!と思える気持ちに変わることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました